洋風インテリアにも映える?美しい掛け軸を飾ってみよう

掛け軸は日本や中国文化圏においてとても重要な役割を果たしてきた芸術品であり、現在でも和室の床の前に飾るものとして不動の地位を占めています。

有名な人が制作したものはとても高価であり、芸術的価値も高くて一般人には手に届くものではありませんが、その模造品やあるいは安価に制作されたプリントものであれば一家に一枚手に入れるのもそれほど難しいことではありません。和室や床の間がないという場合も近年では多くあるでしょう。しかし、水墨画等の美しい画は必ずしも和室に飾る必要はなく、洋室であってもその美しさが陰ってしまうことはありません。白色の壁に一枚かけておくだけでもとても趣のある部屋に様変わりします。

近年では通販を利用することによって入手すること自体も容易になってきています。名画の模造品からオリジナルのものまで様々なものがインターネット上で販売されており、大きさやデザインも様々で、よく吟味すれば床の間よりもむしろ洋間に飾る方が映えるようなものまで存在しています。このように多彩なものがインターネットを使うだけで容易に入手可能になり、現代的な造りの部屋を彩る美術品の1つとしてこれから新しいトレンドを生み出していくことでしょう。