上質な無垢材でつくられた家具の魅力

無垢の家具は、原則として、ひとつの木から切りだして作られます。厚めに製材した木材をそのまま使って作った、合板のものよりも高級なものです。価格はそれなりに高いですが、それだけの価値は充分にあります。

無垢材の種類としては、接ぎ合わせがない一枚板、幅が狭いものをくっつけたハギ材、細いものをくっつけた集成材があります。どの木材も重厚感があります。

また、どの木材も耐久性がすごく高いですし、修理によって再生することもできます。そして、使う人の生活が豊かになる、息を呑むほど美しいものです。機能性もあります。

ちゃんと定期的にメンテナンスして大切に使っているうちに、何とも言えない風情が出てくるものでもあります。風情があるものを子から孫へと受け継げるかもしれません。受け継ぐことは素敵なことです。

もちろん、木目が本当に美しいものです。心地良い肌触り、温かいぬくもりを感じることもできるものです。木を良く知る優れた職人の高度な技術とカンによるものですから、貫禄を感じられるものでもあります。

メンテナンスに関しては、時々、雑巾で拭いてください。乾拭きでも良いですし、固く絞って拭いても良いです。傷や汚れが付いてしまったら、ペーパーをかけてください。